1. ホーム
  2. エア×リーフについて

エア×リーフについて

エア×リーフはすべての人にやさしい
「健康で安心の空間環境」を実現します。

エア×リーフは、室内外の有害物質を軽減、世界のトップクラスの可視光応答型(室内のみで対応)
光触媒をコーディングした空間や内外装、商品を証明するブランドの総称です。

今、日本をはじめ世界が注目する環境技術『光触媒』
なかでもその可能性を飛躍的に進化させたのが、
「室内の光」にも反応する可視光応答型と呼ばれる光触媒です。

明るい部屋で大切なお子様をウイルスや菌から守ります

エア×リーフの効果

  • 抗菌


  • ウィルス

  • 消臭

  • 防汚

  • 空気浄化


光があたると酸化分解反応によりウイルス・細菌・ニオイのもと・汚れなどを分解、除去することができ、
すでに病院、施設、飲食店など様々なところで導入され成果を挙げています。

エア×リーフ6つの特徴

1室内でも効果を発揮

室内でも効果を発揮
可視光(弱い室内光、LED)対応型(560nm)

太陽光の紫外線がなくても室内光によって反応。
酸化チタンとアパタイトと鉄を添加(ドープ)で安価実現。



2施工が簡単

バインダ(接着効果剤)不要揮

一工程施工と製品加工への活用が可能

有機バインダー無しでも直接基材に密着させることができる「水酸化チタン」の開発と、
前述の産総研開発「可視光応答型光触媒」との融合により実現

従来の光触媒
従来の光触媒
  • バインダー施工が必要
    酸化チタンは、基材に固定させるためにバインダー が必要です。通常は光触媒粉末を塗料に混ぜて施工する塗料工であり、基材に施工するためには下、中、上塗と3〜6工程が必要です。 熟練技術が必要。
  • 表面に出ている部分だけが反応
    光があたる酸化チタンは少なく、多くはバインダーの中に埋もれているため、反応効率が低い。
  • バインダー破壊
    有機バインダーの場合、触媒反応によりバインダーが破壊され、光触媒粉末が剥がれ落ちてしまうため、光触媒効果が長続きしない。
エア×リーフの光触媒
エア×リーフの光触媒
  • ー工程施工で効率効果的
    エア×リーフは、バインダー相当部を化学的に変化させることで反応後は基材と同化し強力に密着させる 「化学的密着方法」と基材への 「物理的密着方法」によるハイブリッド可視光応答型光触媒であり、一工程施工を実現しました。
    (※)外装、 浴室等、 用途によって施工方法が異なる場合があります。
  • 高効率
    基材の表面全てをアパタイト被膜酸化チタンが均等に形成されるため、反応する部分が圧倒的に多いので、高い光触媒効果があります。
  • 超うす膜
    独自の施工方法等により、超うす膜・均ーにコ ーティングができます。そのため基材の質感や風合いを損ないません


3基剤の保護

様々なところに施工が可能

様々なところに施工が可能
ペンキなどの有機基材でも大丈夫!
  • 基剤が有機物でもアパタイトが緩衝材となり、参加チタンの分解能力から基剤を保護。
  • ウイルスや菌などは非常に小さく、酸化チタンに直接触れるので分解!
  • 紙・プラスチック・繊維などにも施工が可能


424時間働き続ける

ランニングコストをかけることなく、
24時間働き続けます。

アパタイト(骨や歯を構成している無機成分)は優れた特徴として吸着性があります。 光が当たらない状態では、アパタイトが有害物質を吸着し、光が当たるとそれらを分解するといったロータリー反応が生じます。


24時間働き続ける
アパタイト被覆で基材の保護とロータリー反応
エパタイト被覆で基材の保護とロータリー反応
  • 基材と酸化チタンとの緩衝材となり機材を分解せずに効果発揮
  • 吸着特性による有害物質を吸引、24時間効果


5安全性

人体に無害で安全な100%天然成

主原料の酸化チタンは、私たちの身の回りの製品や>食品添加物などにも
多く使用されている人体に無害で安全な100%天然成分です。

  • 内視鏡

    内視鏡

  • カテーテル

    カテーテル

  • 錠剤

    錠剤

  • 歯磨き粉

    歯磨き粉

  • 石鹸

    石鹸

  • ホワイトチョコレート

    ホワイト
    チョコレート

  • 化粧水

    化粧水

  • 日焼け止め

    錠剤焼け止め

医療機器の光触媒加工



6品質の信頼性

販売・施工元会社は光触媒工業会に
加盟


品質の信頼性

光触媒技術の応用と拡大と認知活動を通じて製品の普及を図り、技術の向上と高品質な製品の供給による健全な市場形成を促すことにより関連産業の発展と国民生活の向上に寄与することを目的とする。

  • (独)産業技術総合研究所が開発した酸化チタン原料により室内での完全応答を実現。


    『可視光応答』 『アパタイト被租』
    特許/環境浄化材料及びその製造方法:特許第3275032号

  • 長宗産業(株)の水酸化チタンとのハイブリッドでノ ーバインダーを実現。


    特許/金属化合物含有ゲル、金属化合物含有液体、
    金属化合物および金属化合物膜の製造方法:特開2009-10709(P2009- l 07906A)
    国際特願:PCT/J P2009 /0581 51

  • 光触媒工業会の「品質と安全に関する規格」と「光触媒製品ガイドライン」にのみ与えられる「PIAJ」を認証取得しています。


光触媒とは?

光触媒とは、光をエネルギーとして働く触媒のことです。

光触媒とは?

光触媒の原理は、自然界でも多く見られます。
その代表が植物の葉緑素による光合成です。
二酸化炭素と水に光を当てるだけでは光合成は起きません。
葉緑素という光触媒があることで化学反応が起こり、二酸化炭素と水から、酸素とデンプンを生成します。

エア×リーフの
光触媒とは?

いつもの快適「室内空間」に
繰返しリセット【消臭~防臭】

いつもの快適「室内空間」に繰返しリセット【消臭~防臭】

一度だけコーティングした壁や物が光に当たる度に常に室内は快適再生中
(植物エキス等で速消臭、生活臭も不在時に空気再生完了!)

  • 室内光(蛍光灯、LED)でも再生能力発揮
  • 居室・キッチン(4畳半:床面積約7㎡程度の壁二面)内
  • トイレ(床面積約1㎡程度)内
  • 嫌な臭気の代表:タバコ臭・排泄物臭・調理、生ゴミ臭も初期消臭!
  • 前提空気の還流、光源有り(エアコン、蛍光灯等)

エア×リーフの光触媒は
ここが違う

従来の光触媒

従来の光触媒は、画期的な発見ではありましたが、弱点も多く実用化が限られていました。

ポイント
  • 紫外線でしか反応しなかったので、主に屋外でしか使用できなかった。
  • 酸化力が強く、基材やバインダーを傷めてしまい定着性に難があった。
エア×リーフの光触媒

これまでの光触媒の弱点を克服しながらも、世界最高レベルの作用を実現。

ポイント
  • 可視光応答型のため、屋内での使用が実現し、抗菌・消臭の用途で使用できる。
  • アパタイト被覆しているために、基材を傷める事なく高い密着性と定着性を実現した。

光触媒の2つのはたらき

  • 有害化学物質分解

    効果

    抗菌 / 抗ウィルス /消臭 /防汚 /空気浄化

    有害化学物質分解

    「エア×リーフ」の主成分である酸化チタン (TiO2) は、太陽や蛍光灯から出る光エネルギーを受けると、表面に活性酸素を発生させます。 この活性酸素が有機化合物やニオイのもと・雑菌・汚れなどを水と二酸化炭素に無害化(酸化分解)していきます。

  • 親水作用

    効果

    防汚(セルフクリーニング)
    / 防曇(防滴)

    親水作用

    太陽や蛍光灯から出る光エネルギーを受けると、酸化チタンの表面が水と馴染みやすい親水基(-OH)で覆われます。 水がかかっても、水滴にならずに水の膜となって汚れを浮かせます。

光触媒による
抗ウイルスのメカニズム

ウイルスの不活化

光触媒作用により発生した活性酸素種が、ウイルスの外膜(エンベロープあるいはカプシド)を酸化分解することにより、ウイルスの活性(感染能)を抑制する。

光触媒による抗ウイルスのメカニズム
  • 光触媒による酸化分解には、分解対象の選択性がないため、ウイルスの種類にかかわらず効果を発揮することが期待できる。ウイルスの突然変異の影響も、ほとんど受けないと考えられる。
  • エンベロープを持たないウイルスは、一般的に消毒薬等に対する耐性が高いとされているが、光触媒はエンベロープの有無に関わらず抗ウイルス効果を発現することが確認されている。
  • 光触媒による抗ウイルス作用は、光触媒の表面のみで起こる。気中のウイルスへの効果は、気中から光触媒表面に接触したウイルスについては不活化作用を期待できる。

インフルエンザウイルス
インフルエンザウイルス

LINEからのご相談でお得!!

気になるウイルスや
感染症の対策!

ウイルスや感染症はマスクや消毒だけでは防げません。
抗菌ウイルスハンターズでは専門スタッフがお客様の環境に合った提案をさせて頂きます。
まずはご相談ください。

1都3県施工可能!
お気軽にご相談ください!

エア×リーフ Zoomで商品ご説明